9月24日0800-0857に、中国国際放送(日本語)を11680kHz【522】で受信

2014年12月31日受信分、CRIからeQSL。

美しいチベットシリーズ(33-33)。 この絵柄でチベットシリーズは終了かな?

 

12月31日午前0時から、中国国際放送の日本語放送を5980kHzで受信しました。

ニュースでは、

中国の今年の外貨導入総額が1200億ドルに達したこと
今年の中国海洋産業の生産額が、前年と比べて7.6%増加したこと

などを伝えていました。

0時10分から毎日中国語、 電話をかける時の学び。

もしもし」を中国語では『うぇい』と発音す ...

11月28日、午前0時から中国国際放送日本語番組を受信してのレポートに対する返信。 電子QSLカードは、11月29日に受け取っていた。

他に、雑誌「人民中国」とカレンダーなどの同封物

11月28日に電子メールで受信報告

 

 

11月28日午前0時から受信して受信報告書を作成し、PDFファイルに出力してEメールで送ったところ、当日のうちに返信がありました。

 

美しいチベットシリーズ 33-30

 

 

11月28日、午前0時から中国国際放送日本語番組を7220kHzで受信しました。

ニュースでは、

サービスアウトソーシング産業の発展の加速、対外貿易競争の新しい優位性の確立を議題とする国務院の常務会議が李首相の主宰で26日、北京で開かれたこと
中国の有名な民間経済研究所ルパート・フーゲワーフ研究院が26日に初の中国高級車ブランド特性研究白書を発表し、中国の高級車保有者 ...

今週の中国国際放送の電子QSLは、トルコ語放送のリスナーから贈られた記念品の絵柄。

 

24日の13時55分にメールを送信後、当日17時38分に受信。はやっ!

 

プリントアウトしないから、紙資源の無駄にもならなくてFBだと思います。 まだ始めていないラジオ局も始めて欲しいですぅ(・_・)

今朝の9時24分にnihao2180@cri.com.cnへ受信報告して8時間程度で返信きたよ、はや!

 

カンボジア語放送は1956年12月15日からの放送。 当時のスタッフは6人で、2人が帰国華僑、他4人が外国人スタッフ。 放送は1時間番組だったのが、今では一日5時間の放送となり、首都プノンペンではFMにて6時間中国国際放送の番組が送出されている。