11月02日の早朝7時30分から、HCJBの日本語放送を17760kHzで受信しましたが、放送機器のトラブルからなのかな聞いている時間帯ずーっと途切れ途切れの放送が続いていました。

15525kHzから17760kHzにQSYしたということで、どんな受信状態かを確認したかったのですが、今回は上手くありませんでした。

 

9月7日土曜日の朝、オーストラリアから飛んでくるHCJBの電波に乗った日本語番組を聴きました。

 

土曜日の午前7時30分から15525kHzで、HCJBの日本語番組。

尾崎クンが竹原なんてらいう人にインタビュー。

那須町での放射能汚染の現状と対策についてだったけど、全然興味無いので録音はしといたけど、聞き直していない。

受信時の使用アンテナ ApexRadio 303wa-ⅱ

HCJBAustralia、15525kHzで日本語番組を聴きました。

今日は、峯野龍弘氏による聖書の解説で、テキストは創世記22章から。

アブラハムと息子イサクがモリヤ山にのぼって、アブラハムが息子イサクを神さまにささげた場面の話です。

神さまがアブラハムを試し、「あなたが神を恐れる者であることをわたしは今知った」と彼に告げられた場面が出てくる章。

HCJB東京事務所からQSLカードが送られてきました

12月28日、22時30分(日本時間29日午前7時30分)より、HCJB Australiaを15525kHzで日本語番組の受信をしました。