午後1時13分頃に87.3MHzでスポラディックE層発生による遠距離受信ができた。

数分で落ち込んだので局名を確認するまでには至りませんでした。。。 大館市というところは、電波が落ちてこないところなのかな。。

ルージュの伝言が流れていました。

さっき、92.90MHzでスポラディックE層発生による朝鮮語の放送が受信できました。

11時の時報の後で、KBSときこえたので南朝鮮のKBSでいいんだべが??

 

今朝の9時24分にnihao2180@cri.com.cnへ受信報告して8時間程度で返信きたよ、はや!

 

カンボジア語放送は1956年12月15日からの放送。 当時のスタッフは6人で、2人が帰国華僑、他4人が外国人スタッフ。 放送は1時間番組だったのが、今では一日5時間の放送となり、首都プノンペンではFMにて6時間中国国際放送の番組が送出されている。

Vatican Radio からQSLカードの御返事。

 

 

 

 

 

主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。 創世記2:16~17
 「善悪を知る木」を別の言葉で言い換えれば「知識の木」。この知識はギリシャ語でグノーシスと言う。(英語ではノシスと発音するから注意)欧米ではりん ごと言うことになっていて、アダ ...

受信報告書を電子メールで、

nihao2180@cri.com.cn

に送ると、最短で翌日(当日もあり)届く電子QSLカード

 

QSLカードを発行している放送局全てにおいて、eQSLを採用してくれれば嬉しい。

 

 

 

 

6月1日-10日: 朝鮮半島をはじめとする東北アジア向けの朝鮮語放送。
6月11日-20日: カンボジア王国をはじめとする東南亜細亜向けのカンボジア語放送。
6月21日-30日: イランをはじめとするアフガニスタン、パキスタン北部向けのペルシア語放送。

朝鮮語放送は1950年7月2日、当時のスタッフは四人。 最初の番組は30分番組、今では一日6時間 ...

 

 

 

 

 

 

2010年6月の日本語番組を聴いて、翌月にAIRMAILで受信報告していたようです。 てっきりボツになったと思い込んでいたけど、無事にQSLカードを発行していただけました。

受信日: 2010年6月22日
受信時間: 1300-1330U
周波数: 11975kHz
7月19日にIRC1枚同封で受信報告。 宛先はWR ...

地は全く砕け、地は裂け、地は激しく震い、地は酔いどれのようによろめき、仮小屋のようにゆり動く。そのとがはその上に重く、ついに倒れて再び起きあがることはない。イザヤ24:19~20

今回の震災津波は私の想像を越える出来事で、ただ呆然としていた。とりわけそれが人工的なものと確信していたので、怒りと悲しみは一層強かった。そして幾つかの疑問が沸いていた。
まず、なぜ東北地方 ...

 

 

 

3・11は人工地震によるテロであるというと、そんな馬鹿なことがという人々がほとんどであるが、人工地震はすでに65年前広島長崎への原爆攻撃の時点 で検討されていたのである。特にインテリ層の人ほど単純にありえないと断言するが、もう少し科学的に目を開いてほしいものだ。この件に関して優れた文章が インターネット上に出ていたのでそのまま転載する。許可は取っていないが、私は基本的にインターネットに出た文 ...

チュニジアに端を発したデモはエジプトに飛び火し、ムバラクを追放した。その他、多くの中東諸国が揺れている。これは人民による自然発生的なものなのか、 何者かが後ろで糸を引いているのかはわからないが、これによって地すべり的に中東情勢が変わるだろうか。私は変わらないと思う。それは次に理由による。何 度も語ってきたように、終わりの日にロシアがイスラエルとアメリカを核攻撃する。その時、ロシアと同盟軍を結 ...

 

昨年末、中国に行って来た。中朝国境地帯から瀋陽、北京と2500Kを走破した。片側4車線のすばらしい高速道路が出来ていて、平均時速150キロは当 たり前。中国は西側諸国が100年架かったことを10年でやっている。行くたびに大成長、大発展している。都市は車の洪水である。
驚いたことに瀋陽の実業家が壮大な神学校を作っていた。何で、共産中国でそんなことが可能なのかと聞くと、公認教会なのだとい ...

 

 

最近、盛んにフォトンベルトなるものが喧伝されている。太陽系が電磁波(?)のベルトに進入し危険になるというのだ。これは2012年12月21日から起 こる人類覚醒のときの始まりとリンクされ、危機と共に新しい人類誕生(アセンション)のときとされる。こんなものはNOWが作り出しているたわごとのデマ である。
フォトンベルトなるものは責任ある科学者はみな否定している。もしそんな危険なことならも ...

これはアレックス・ジョーンズという人のサイトからの記事である。アレックス・ジョ-ンズはアメリカのクリスチャンの間では良く知られている。(原文はトークショウなので意訳、編集した。)

ロシアと中国は全ての石油製品と天然ガスの供給契約に署名した。そこには、ドル建ての取引が無い。彼等はドルを使用しないことに決めた。これはドルに壊滅的打撃を与えるだろう。
彼の情報提供者は̶ ...

世界の先進国が軒並み不況にあえいでいる。あのEUさえ存亡の危機にあるかのような報道が成されている。しかし、考えていただきたい、この不況は偶発的な ものなのか。すべては周到に計算された仕掛けによっているのか。多くの企業や銀行倒産の向こうで、全くそんな心配なく大儲けしている人々がいる。
久しぶりに太田龍氏の著書「ユダヤ七大財閥の世界戦略」(日本文芸社2003年刊)を読んだ。このころはまだ ...

オバマ大統領が6年間でアメリカのインフラ、道路、鉄道、ガス、水道を刷新するという計画を打ち上げた。雇用対策もあるということだが、私は何とも言えない感慨を感じた。
アメリカはここ数十年、世界の警察を気取って、世界中に爆弾の雨を降らせ、破壊の限りを尽くしてきた。イラクをフセインの圧制から解放すると称して、ごみ の山にしてしまった。そしてその戦費たるや天文学的な数値に昇る。 その一方で、ア ...

非常に興味深い記事がインターネットのカレイドスコープ(万華鏡)というブログに載っている。管理人はハリマオを名乗るアメリカ在住の日本人である。本人の承諾を得て転載する。

アメリカから自由が奪われる20の兆候

いよいよアメリカから自由が逃げ出し始めたようです。各州政府は、大幅な公共事業費カット、福祉・教育費のカットを進め、なんとか凌いできましたが、こ こにきて、事態はさらに深

今月は3回も発行することになるので困っているのだが、聞き捨てならないニュースがある情報筋から流れてきたので発行することにした。それは今回の原油流出が事故ではなくサボタージュ(破壊工作)の可能性があるということなのである。
この事件の1ヶ月前にゴールドマンサックスはBP株を2億5千万ドル(225億円)分、売却していた!
 
さらに2009年に上映された“Knowing” ...

賑やかな雑踏の中を 新聞片手にすり抜ける
仕事探して歩く 這いずり回る野良犬のように
時折横殴りの風が つまらない奴だおまえはと
僕の頭を小突き通り過ぎる
橋の欄干にもたれて 空振りの一日にため息つく

いつからか項垂れて歩く 癖がすっかり身についた
それでも楽しく振る舞う うそぶき回る道化師のように
信じることさえ忘れてしまった 裏 ...

これは明らかな国家テロである。
これは法を認めないことである。
これは攻撃性である。
これはイスラエル政府がどんなに病的で
どんな精神状態にあるか
どんなパラノイア、トラウマの中にあるのかの
もっともはっきりした例である。
世界は我々に偽善的な態度をとっているとイスラエルは言う
違う、偽善的なのはお前だ。
嘘つきはお前だ ...

日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ」【ダイヤモンド:元CIA顧問の提言】
投稿者 傍観者A 日時 2010 年 5 月 07 日
 普天間問題に関して目からうろこの提言が、元CIAの人間から出ている。これは無視できない。もちろん、このような正論が通るはずはないのだが、我々自身の中での理解として記憶しておきたい。これは重要な情報である。以下転載。

―鳩山政権は普天間問題で ...

普天間問題を見ていると、日本人には土地に対する独特の感性があると思わざるを得ない。
成田紛争の時にも感じたのだが、日本人は土地に対する個人の所有権が神聖不可侵だと思っている。しかし、これは世界的に見てむしろ異常なのではあるまいか。
誤解していただきたくないのだが、私は沖縄の米軍基地が日本にとって良い物だとは思っていない。沖縄はアメリカのアジア支配の要衝として必要であり、極 め ...

キリスト教ついでに取って置きの話をしよう。これは数年前に知ったことなのだが、あまりにも重大なので公表をためらってきたことである。一般の読者に とってジョン.ウエスレーと言っても「誰だ、それ」という問題だろうと思うが、キリスト教会では最大の尊敬を持って数えられている人物である。十二使徒、 アウグスチヌス、ルター、ジョン・ウエスレー、ビリー.グラハムと並び称される重要人物なのだ。ウエスレーの神学 ...

オーラル・ロバーツが死んだ。と言っても、ほとんどの読者は何者だ?というのが感想だろう。しかし、この男は、一時はアメリカでもビリーグラハムと双璧を なす有名な伝道者であった。最盛期には18000人の収容能力を持つ大テントをトレーラーで運びアメリカ中を伝道して歩いた。また多くのテレビ局ラジオ局 から放送した。彼は若くして「神からの声を聞き」多くの人々の病を癒したとされる。私なども若いころ彼の伝記 ...

1月13日のハイチの地震にについて、すでに多くの方は人工地震の可能性を察知しておられることだろう。HARRPの電磁波が10,11,12日と極め て激しかったというインターネットの情報もあり、ベネズエラのチャベス大統領は「これはアメリカの地震兵器による人工地震である」と発言したと伝えられ る。数十万とも言われる死者はスマトラ沖地震のときと似ている。私はスマトラ沖の場合、イルミナテイのアクエイリ ...

インターネットに聞き捨てならない話題が載っている。この中でビルダーバーガーを越える組織について7人と書いているが、それがちょっと我々の知識とは違 う。我々は300人委員会(恐らくこれがビルダーバーガーと重複すると思う)、その上に30人委員会、その上は13人、その上が3人と学んできた。この点 を注意したい。つまりデマ情報と言うことも無いとは言えないということである。全てに疑う姿勢は持っていなけ ...

シスコ・ホイーラー著「Behold a White Horse」より

前回の補足だが、ロスチャイルドの最高裁判所を見たとき、かつてRoschild Court(ロスチャイルドの法廷)と言う言葉を見たことがあることを思い出した。その時は何のことか判らなかったが、これを見て分かった。古代ローマで は皇帝は最高裁判官であった。これは塩野七生さんの「ローマ人の物語」にも詳しい。また、使徒パウロは自分を ...

 日本での、同書の出版を願っているのだが、本紙の読者には、少しずつ抜粋してお送りしようと思う。特に今回はイスラエルに建設された最高裁判所の建物 に、あからさまに示されたフリーメーソン・イルミナティの勝利宣言とも言えるシンボルについてお伝えするが、これはJerry Golden という人のブログ2003年11月16日号からの引用である。興味のある人はYahooの英語版でJerry Golden ...

小沢一郎氏が「キリスト教は排他的、独善の宗教である」と言われたこと、その通りだと申し上げたい。そしてお聞きする、もし日本に天皇が二人も三人もいた らどうでしょうかと。天皇はお一人で無ければならないのではないですかと。もし二人も三人もいたら困ったことになりませんかと。富士山が三つも四つもあっ たら、今のように貴い山だろうか。
聖書の神は日本の神々のように部分々々を受け持つ限定的な能力者 ...

というサイ トの7月号にニューヨークのセント・ジョン大聖堂の奇妙な話が載っている。私はこのサイトを、今回ある方から紹介されて初めて知ったのだが、非常に内容が 濃いので驚いた。こういう人がいたのだ! 少し翻訳が読みにくいが恐るべき内容である。この他にも多くの写真や絵とかなり適切な論評が書かれているので、 ぜひアクセスされたい。注意していただきたい点は2つである。

セント・ジョン大聖堂はキ ...

投稿者 ますらお 日時 2009 年 10 月 13 日 17:07:02: 【PJニュース 2009年10月13日】

元国立公衆衛生院疫学部感染症室長の母里啓子(もり・ひろこ)大阪赤十字病院小児科の山本英彦の2人の医師は10日、東京都内で開かれたワールド・ブロ ガー協会の第3回取材会で、政府による新型インフルエンザのワクチン接種推進策とマスコミの姿勢を批判した。19日から医療従 ...

何だかお笑いのステージを見ているような気がする。オバマに平和賞を授けるノーベル委員会の意図は何なのか。大体、「核なき世界」なんて真面目に考えてい るとしたら、オバマの脳味噌は動いているのだろうか。幼稚な演説ほど大衆受けがするものだ。私にはオバマが何かの意図があって、出来もしないことを煽って いるのか、さもなければ、全くのイノセントセイントなのか、どちらか分からない。世界平和を望み、理想を掲げ ...

最近、あまりにも急激に物事が進んでいるので、本紙の発行も急になるのだが、それでは間に合わないと思うことが多い。出来るだけ、インターネットでのご購読をお勧めする。すでに一部の方々にはお送りしているのだが、緊急のニュースを急いでお知らせしたいのだ。 由々しい事態がアメリカでおこっているらしい。これは新型インフルエンザワクチンの強制接種の話である。その結果、強制収容所が使われるという。私は、あの見 ...

9月28日のテレビ番組で鳩山由紀夫氏がフリーメーソン式の握手をしている写真が表れた。番組自体は「都市伝説」というバラエティー番組なのだが、関某と 言う芸能人が結構詳しくメーソンとイルミナティの説明をしているうちに出てきたものであった。鳩山氏は祖父の代からのメーソンであることは周知の事実であ る。それに加えて、小沢一郎氏が高知の足摺岬にジョン万次郎の銅像を作る際に尽力し、その手にメーソンの定規 ...

民主党はアメリカと対等になるという公約を掲げている。それは確かに望ましい。しかし、本当にそうなれるだろうか。

ロンドンデイリーテレグラフ紙は最近「バラク・オバマは我々を地獄から救ってくれるのか?」という記事を出した。オバマは世界の温暖化防止のために“世 界の救い主”になろうとしている。それはアル・ゴアがしばらく“使徒”として活動してきたものだ。12月初めコペンハーゲンで重要な会議 ...

民主党はアメリカと対等になるという公約を掲げている。それは確かに望ましい。しかし、本当にそうなれるだろうか。

私の本「誰も書けなかった悪魔の秘密組織」(20ページ)を読まれた方は細川内閣のときに、アメリカから日本に突きつけられた驚天動地の屈辱の要求をご存知だろう。当時のクリントン政権は日本に500兆ドルを円と交換してくれと言ってきたのだ。当時の円ドルレートはほぼ100円だったから ...

投稿者 官からアメリカ人へ 日時 2009 年 7 月 12 日 12:12:19: Dx5sTVjBq/alo  

【ラクイラ(イタリア中部)9日AFP=時事】フランスのサルコジ大統領(写真)は9日、訪問先のイタリア中部ラクイラで、イランの核開発の野心をくじくために、イスラエルが同国を攻撃すれば、大惨事となるのは確実だと警告した。
サルコジ大統領は、主要8カ国(G8)に ...

7月6日 AFP】イスラエルのイディオト・アハロノト(Yediot Aharonot)紙は5日、同国のドルフィン級潜水艦1隻が紅海での軍事演習に参加するためスエズ運河を通過したと報じた。同紙は、この動きの背景にはイランにメッセージを送る意図があるとしている。

このニュースは日本ではほとんど報道されなかったのだが、私には強烈なインパクトを与えた。この潜水艦は原潜ではなくドイツで製作 ...