ながいかみをかきあげて ひげをはやしたやさしいきみわ
ひとりぼっちでひとごみを あるいていたね
さよならぼくのともだち

なつやすみのきゃんぱすどおり こーひーしょっぷのうぃんどうのむこう
きみはやさしいまなざしで ぼくをよんでいたね
さよならぼくのともだち

いきがつまるなつのへやで まどもどあもしめきって
きみはあせをかいて ね ...

「主よ、見ることができるために、わたしたちの目を開いてください」という祈りはわたしたちのためにも必要な祈りである。それは、すべてわたしたちの周囲の世界は予言者の時と同様、栄えある勝利に運ぼうとする神の馬と戦車とでいっぱいであるから、わたしたちの目が開かれるとき、大きくても、小さくても、また喜ばしくても、悲しくても、生活のすべての出来事の中に、わたしたちのために動いている戦車を見ることができる ...