世界の先進国が軒並み不況にあえいでいる。あのEUさえ存亡の危機にあるかのような報道が成されている。しかし、考えていただきたい、この不況は偶発的な ものなのか。すべては周到に計算された仕掛けによっているのか。多くの企業や銀行倒産の向こうで、全くそんな心配なく大儲けしている人々がいる。
久しぶりに太田龍氏の著書「ユダヤ七大財閥の世界戦略」(日本文芸社2003年刊)を読んだ。このころはまだ ...