近刊の「アエラ」にレオナルド・ダビンチに関する「ダビンチ・コード」という本の批評が載る予定です。その中に私のコメントがちょっとだけ入ります。フリーライターから電話インタビューを受けました。私はその本を本屋さんで見たことはありますが馬鹿馬鹿しいので買いませんでした。その本では「最後の晩餐」のイエスの右隣の人物はヨハネではなく、マグダラのマリヤであり、イエスとマリヤは結婚していたか愛人関係にあっ ...

さて、ヘロデは博士たちにだまされたと知って、非常に立腹した。そして人々をつかわし、博士たちから確かめた時に基いて、ベツレヘムとその附近の地方とにいる二歳以下の男の子を、ことごとく殺した。こうして、預言者エレミヤによって言われたことが、成就したのである。「叫び泣く大いなる悲しみの声がラマで聞えた。

ラケルはその子らのためになげいた。

子らがもはやいないので、慰められるこ ...